同じ新築なら、少しでも資産価値の高い家を建てよう。

同じ新築なら、少しでも資産価値の高い家を建てよう

家を建てたり購入したりする時、たいていの人はそこに永住するつもりで土地や建物を選びます。その場合、判断基準は「自分たちの家族」。例えば、子ども2人がまだ小学生という家族が家を建てるのであれば「近くに小学校や中学校がある」というのが土地選びの重要なポイントになってきますし、周辺の治安も考慮しなければなりません。ところが、これが「子どもはいらない。夫婦2人で人生をエンジョイする」という世帯であれば条件は変わってきます。また、2人ではせいぜい2LDKの間取りがあれば充分ですが、4人家族であれば最低3LDKは必要でしょう。


そこでこのサイトでは、家を選ぶ際に「売却」することを前提にした様々な情報を集めてみました。あなたが住む家を、いずれ誰かに売却するとして、できるだけ高く売るならどういう土地・建物に住んだらよいか? あなたが「高く売れる」と思った条件は、他の人には全く価値のないものではないか? その場合、資産価値は高くなる? 低くなる? 同じ新築を建てるのであれば、第三者に高く売れる資産価値の高い住宅を建てたい・・・そうした「売却と資産価値」について、このサイトで学びましょう。


同じ新築なら、少しでも資産価値の高い家を建てよう

まずは我が家の資産価値をチェックしよう

まずは我が家の資産価値をチェックしてみましょう。

より資産価値を高めるために

より資産価値を高めるためには住宅のことも考えて。

同じ新築なら、少しでも資産価値の高い家を建てようまずは我が家の資産価値をチェックしようより資産価値を高めるためにサイトマップ